デリケートゾーンの施術

デリケートゾーンの施術

デリケートゾーンの施術


脱毛をすることに抵抗を感じにくくなっている現在でも、VIOラインとも呼ばれるデリケートゾーンのムダ毛処理については、ためらっている方も多いでしょう。
この部分の処理では一部の毛を形を整えて残すという対応が一般的ですが、髪、眉毛、まつ毛といった顔の部分以外の毛をすべて脱毛してしまうという方も増えています。
そこまではいかなくても、対応できる方法が増えていることもあり、デリケートゾーンの脱毛に挑戦する方は増えています。


ハイジニーナのメリット


ハイジニーナ脱毛ともいわれるVIO脱毛は、施術を受けるときこそ恥ずかしさを感じるかも知れませんが、十分なメリットがあるため施術を受ける方は増えています。
そのメリットの1つめは生理時の下り物や血液が毛に付着してしまい、ニオイがなかなか取れないという悩みが解決されることです。
2つめは、どのような時でもデリケート部分の清潔さを保てる事です。
3つめは、ハイレグの水着やホットパンツなどを、ムダ毛を気にせずに着用できることです。
お洒落の幅を大きく広げることができるでしょう。
ハイジニーナ脱毛が日本に輸入されてきたきっかけは、海外の女優やモデル等が実践している事が知られるようになったことにあります。


ハイジニーナを自己施術する


簡単ではありませんが、ハイジニーナ脱毛を自分ですることは可能です。
まずはお線香を使用する方法です。
民間療法のひとつですが、お線香に火をつけてムダ毛を少しずつ焼き切るという方法で、施術後にチクチクしない事やコスト面での手軽さが優れている事等はメリットだといえます。
しかしながら、自分で施術出来る範囲は限られますし、やはり危険が伴います。
2つめは、ブラジリアンワックスを利用する方法です。
コスト面ではお線香よりは値が張るかも知れませんが、効果は絶大といえます。
手鏡を見ながらVIOラインに塗布して行くのですが、完全に満遍なく塗ることは難しいです。
また、痛みが強く出てくる可能性があるので、ある程度の技術が必要です。
さらに、処理をしてもまた毛が生えてくるため、定期的に処理をする必要があります。


エステサロンのプロが行うハイジニーナ施術


自分で行う方法がないわけではありませんが、やはりエステなどでプロに施術してもらうほうが安心です。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛によって処理を行いますが、自分では手が届きにくいところの処理もきれいに行ってもらえるのが大きな魅力です。
脱毛サロンなどでは、はじめにカウンセリングを受けることになりますので、その際にハイジニーナにしたいと一言伝えれば良いでしょう。